26

ただやるだけじゃない。 「楽しくやる」を 大切にしたい!

株式会社アダストリア
経営企画室

深川 智子
(シニアマネージャー)
藤本 朱美
ジョン ヘウン

A-People

What is 
“A-People” ?

地球温暖化や地域の過疎化、少子高齢化など、身の回りで起きているさまざまな問題。アダストリアでは、そうした問題をファッションのパワーで解決するためのCSR活動を続けています。2020年7月よりスタートする「エコバッグの無料配布キャンペーン」もそのひとつ。今回は、経営企画室でCSRを担当している深川智子さん、藤本朱美さん、ジョンヘウンさんの3名にお話を聞いてきました。

「かわいい」にこだわって、
「環境にいい」につなげていく。

深川:アダストリアでは、地球環境に配慮するだけでなく、誰でも気軽に楽しみながら参加できる「REBAGPROJECT」(リバッグプロジェクト)をずっと続けてきたけれど、2020年7月から新たにはじまるエコバッグの無料配布キャンペーンも、ぜひ盛りあがってほしいよね。

ジョン:今回のキャンペーンで意識したのは、「どうすればお客さまが使い続けたくなるか」ということ。エコバッグを持っている人は増えてきていますが、うっかり持ち歩くのを忘れちゃったり、いくつも持っていてあまりエコ活動につながっていなかったりと、いろんな問題があるんですよね。目指したのは、ただエコバッグを配るのではなく、「このエコバッグをずっと使い続けたい!」と思えるものをつくること。「洗濯しやすい素材にしないと繰り返し使ってもらえないよね」「たくさん量が入る方がいいけれど、最近は小さいバッグがトレンドだからコンパクトに折りたためる方がいいかも」「肩にかけられる方が便利じゃない」と、いろんな部署の人たちと何度も話し合いましたよね。



藤本:「ファッションとして気軽に楽しんでもらえるにはどうすればいいか」も、かなり悩んだよね。毎日のスタイリングに自然と取り入れたくなるものにしたいから、デザインについてもみんなでいくつも考えて。たくさんのブランドが参加していることを知らせたいし、アダストリアという会社の名前も知ってもらいたいし、どんなファッションが好きな人にも似合うものにしたいし……試行錯誤した結果、各参加ブランドのロゴを使ってアダストリアの「A」マークを表現することにしたんだよね。

深川:CSRのスローガンは「ファッションのワクワクを、未来まで。」。だからこそ、お客さまがこのエコバッグをもらったときに「使ってみたい!」というワクワクを感じてもらえるよう、「持ちやすさ」にも「かわいさ」にもこだわったんだよね。



ジョン:完成品を見たとき、「これならきっとみんな喜んでくれる!」と思ったのを覚えています。私もふつうに使いたい!ファッションを楽しむ感覚で、このエコバッグを使うことを楽しんでもらえたらいいなと思います。

アダストリアだから
やれること、やるべきことを。

深川:エコバッグはあくまでキャンペーンのひとつ。アダストリアでは、「環境」「人」「地域」の3つを軸に、本当にいろんなCSR活動に取り組んでいるよね。環境負荷を減らすために排水量の少ない技術で商品を製造したり、衣料品回収のイベントを実施してファッションが循環することを目指したり、国籍や性別、障害の有無などにとらわれず、垣根のない環境づくりを推進したり......。

藤本:CSRを仕事にしていると、「難しそう」や「意識が高そう」なんて言われたりすることも多いんだよね。でも、決してそんなことはなくて。エコバッグも、衣料品回収も、職場の風土づくりも……ぜんぶ、「もっとよくしたい」というシンプルな想いから生まれたもの。どんなポジションで働いていても、その中で「自分が未来のためにできることって何だろう」を考えてそれぞれが行動してみれば、それが立派なCSRになると思う。

ジョン:実は私、CSRチームに来る前は、アダストリアが「どうしてCSR活動をしているのか」まではイマイチ理解できていなかったんです。「人や環境にいいことをやっている」のはわかるけれど、そのストーリーや想いまではよくわかっていなくて。でも、2人と一緒に働くようになって、なんとなくやっていることなんてひとつもないとわかったんです。すべての活動に意味があり、想いやこだわりもあって……知れば知るほど奥が深く、どの仕事も本当にやりがいを持って取り組ませてもらっています。

CSRの存在が、
誰かの心や行動を変えるきっかけに。

深川:いろんな国籍や性別の人が働いているからこそ、LGBTQsに関する活動にも積極的だよね。「TOKYO RAINBOW PRIDE」への参加や、カミングアウト・フォト・プロジェクト「OUT IN JAPAN」への支援もすっかり恒例化しているし、社内での理解促進イベントなども増えてきたし。

藤本:以前、LGBTQsの当事者であるとカミングアウトをしてくれたメンバーがいたんですよ。「会社が活動してくれているからこそ、一緒に働く仲間にも伝えることができました!」「自分らしく働けるのがとても楽しい」と言ってくれて、本ッ当に嬉しかったなぁ。

ジョン:アダストリアは茨城県水戸市のバスケットボールチーム「茨城ロボッツ」のスポンサーもしているじゃないですか。これもやっぱり、前までは広報的な要素が大きいと思っていたんです。でも、「アダストリアの創業地を応援したい」という想いがあるんだと知ってからは、見え方が変わったというか。

藤本:創業地への貢献活動は盛んだよね。前に水戸市でイベントを開いたとき、私たちの両親よりも年上の方から「青春時代のお洋服はこのお店で買っていたの」「当時のショッパーをまだ大切に持っているんだ」と声をかけてもらったことがあったでしょ。あのとき、どんな時代も、地域とのつながりを大切にしてきたからこそ、今のアダストリアがあるんだと改めて実感できたんだよね。



深川:あったあった!そういう出来事があるからこそ、ヨガイベントやお仕事体験といった地域活動にもより力が入るよね。アダストリアは全国にブランドを出店しているから、どの地域ともつながれることが強みだと思う。お店でファッションを提供すること以外にも、CSRとしていろんな関わりを生み出して、地域の活性化やお客さまとの関係を深めるきっかけになっていければいいね。

ワクワクから生まれる、
環境、人、地域にいいこと。

藤本:今でもいろんなことをしているけれど、私はまだまだチャレンジしたいことがたくさんある!今気になっているのは、生物多様性。ファッションビジネスは、資源があって成り立つものだからこそ、そこまでしっかり考えていきたいかな。例えば、今はお店に並んでいる商品が「どういう資源でつくられていて、どういう人たちがつくっているのか」まではわからない状態。そこをもっとクリアにして、安心してお買い物できるしくみをつくりたいな。



ジョン:前に、お客さまからコスメ商品に関する製造過程や労働環境についてお問い合わせをいただいたことがありますよね。アダストリア直下のブランドでは、労働環境などに対するガイドラインをしっかりつくっているので、説明すれば理解してもらえる。でもそうじゃなくて、わざわざお問い合わせしなくても、それが理解できる状態にしていきたいですね。



深川:私は、女性の働き方にも力を入れていきたいな。入社して約15年が経つけれど、周りの人から「長く働いているね」と言われるのがずっと気になっていて。それって、結婚や出産などのライフイベントによって仕事を諦める女性がまだまだ多いということ。ライフイベントによって仕事を辞めるのではなく、もっと働ける選択肢を増やしていきたいな。それに、女性の働きやすさを考えることは、誰もが働きやすい環境にもつながっていくはずだし。



藤本:たしかに!今取り組んでいることも、これから取り組むことも、ぜんぶ「楽しむこと」を忘れずにチャレンジしていきたいですね。


「REBAGシュウカン」の詳細はこちら