09

自分を知って、 「にあう」をふやそう!

株式会社アダストリア
Andemiu EC担当 / ディレクター

川野 萌子

A-People

What is 
“A-People” ?

「A-People」は、アダストリアのメンバーが日々どんな風に「Play fashion!」という言葉を表現しているのかを一人ひとり紹介していくコーナーです。今回登場するのは、「Andemiu(アンデミュウ)」のECサイト担当とディレクターを兼任する川野萌子さん。「働く女性のライフスタイルに寄り添えること」を目指して活躍する彼女は、どんな「Play fashion!」を持っているのでしょうか。

届けたい人にお洋服を届けること。
そのために何が必要かを、考える!

EC担当として「Andemiu」に配属されたとき、まず感じたのがブランドの想いとリアルの違いでした。メインターゲットは20代後半のはずなのに、実際の購買層は30代後半から40代の方々。そこで、「ターゲットに合わせてアプローチを変えよう」と提案したんです。まず取り組んだのは、ワンピースの展開。当時の「Andemiu」はシャツやパンツが多く、デザインもシンプルな印象でした。でも私は「20代の女性に着てもらうなら絶対ワンピース!」だと思って、ネット限定で販売してみたんです。ブランドの基本軸は変えず、でも、デザインは甘めでかわいく。すると、20代の女性が買ってくれるようになったんです。その流れに乗ってお洋服の掲載雑誌も変更し、SNS広告なども20代を意識して発信するように。その中で、お客さまが受け取るブランドイメージも少しずつ変化していきました。

「Andemiu」に「私らしさ」を組み合わせたら、
たくさんの共感が生まれた。

ECや服づくりに関わる職種は、実際にお客さまと会うことが滅多にないんです。でも、その距離感を変えてくれたのが、社員が自分自身のスタイリングを掲載できる「STAFF BOARD」。「Andemiu」のお洋服を知ってもらおうと、私もよく写真をアップしていますが、それを見て買ってくれる人が結構いるんです。私は身長が低めなので、お洋服を着たときのリアル感がより伝わるのかもしれませんね。あと、私は辛めのスタイリングが好きで、普段からよくブラックを取り入れるし、アクセサリーもシルバーが多め。そういうスタイリングが、公式サイトのイメージとはまたちょっと違う提案につながっているのかな。私らしく「Andemiu」を着こなすこと。それが、店舗のスタッフとはまた違うブランド発信になっているんだと思います。

もっと自分自身を知れば、
もーーっとお洋服がにあうようになる!

私、部屋の真ん中に全身鏡を置いているんです。出かけるときや帰宅したときに、必ず目に入る場所だから。「自分を見つめる時間」ってすごく大事だと思うんですよね。自分の顔のかたち、体のライン、足の長さ……他にも、パンツをはいたときとスカートをはいたときの印象がどう違うか、スカートの丈はどのぐらいが一番にあうか、メイクはキマっているか、ヘアスタイルはどうなっているか、後ろ姿はどんな感じか……いろんな視点から見た自分を知っていくと、ファッションの選び方も変わるんですよ。「私は丸顔タイプだから、Vネックでスッキリさせた方がいいな」みたいに、自分の「にあう」がますますわかってくる!自分が何を好きかって考えることはあると思うけど、それと同じぐらい、自分自身を知ることも大切にしてほしいですね。

選んで、着て、かわいくなって!
「Play fashion!」で、人生をステキに。

お洋服は、飾ってあるだけじゃ価値がないんです。「これかわいい!」って気に入って、着て、お出かけして、大切な人に「かわいいね」と言われて笑顔になる……そんな風に、お洋服を着ることで喜びを感じたとき、はじめて価値が生まれると思っています。人から褒められたり、自分でも「今日の私、いいじゃん!」って思ったりすると、それが自信になって、その人はますますかわいくなっていくんです。そうなれば、恋や仕事、他にもいろいろなライフイベントが充実していくはず。そんな、誰かの人生の喜びにつながるお洋服をどんどんつくっていきたいですね。ファッションは、ONもOFFも!恋も仕事も!ぜんぶステキに変えてくれる必須アイテム!私の「Play fashion!」は、そういうこと。

「STAFF BOARD」とは

アダストリアが展開する20を超えるブランドのスタッフが、実際に着用したスタイリングを閲覧できるコンテンツです。
「STAFF BOARD」の特徴は、スタッフ個人のスタイリングやライフスタイルを、お客さまに向けて自由に発信できること。個人のInstagram(インスタグラム)との連携機能がついていたり、使用アイテムの詳細がすぐにわかったり、そのまま購入できたりと、うれしい仕組みがたくさんあります。お気に入りのスタッフを探したり、スタイリングやお買い物の参考にしたりと、自分らしい楽しみ方を見つけてみてください。
URL:http://www.dot-st.com/cp/staff-board